簿記検定試験出題区分表(平成29年度適用)

平成29年2月2日

日本商工会議所は、簿記検定試験での出題にあたって基礎的な指針として、「商工会議所簿記検定試験出題区分表」(以下「区分表」と略す)を制定し、会計諸基準の設定・改訂および関係法令の制定・改正等を踏まえた改定を適宜行ってきました。平成28年度以降の区分表については、企業会計に関連する諸制度の変更への的確な対応に加え、検定試験がより実際の企業活動や会計実務に即した実践的なものとなるよう見直しを行い、平成27年4月に改定予定等を発表しております。

このたび、既に発表している改定予定等に基づき、平成29年度(平成29年6月11日施行の第146回試験から平成30年2月25日施行の第148回試験まで)に適用する区分表は、下記のとおり確定いたします。

なお、平成28年度でもって簿記4級は終了し、平成29年度から簿記初級の施行が開始されます。これに伴い、従来の区分表とは別に初級の出題範囲・内容を掲載するとともに、平成29年度の商業簿記・会計学の区分表において従来4級となっていた内容は3級に統合しています(3級の出題区分の変更はありません)。

簿記検定試験出題区分表等(平成29年度適用)
商業簿記・会計学(1~3級)※1PDFダウンロード
工業簿記・原価計算(1~2級)※2PDFダウンロード
商業簿記標準・許容勘定科目表(2~3級)※3PDFダウンロード
初級 出題範囲・内容※4PDFダウンロード

※1:「商業簿記・会計学」の区分表は、平成28年度から29年度にかけて2級の内容を改定しています。1級・3級については変更はありません。
※2:「工業簿記・原価計算」の区分表の変更はありません。
※3:商業簿記標準・許容勘定科目表の変更はありません。
※4:平成29年度から施行開始される初級の出題範囲・内容を新たに示しています。

【参考】
■「2級における連結会計の出題開始時期の明確化について」(平成28年12月1日公表)
PDFダウンロード
※2級における連結会計の出題は平成29年11月施行の第147回検定試験以降とする旨のご連絡です。

■出題区分改定特設サイト(検定ホームページ)
https://www.kentei.ne.jp/bookkeeping/revision

※平成28年度から30年度にかけての改定全体に関しては、以下のページで案内を行っております。改定の趣旨および区分表改定後のサンプル問題等を掲載しておりますので、併せてご参照ください。
■平成28年度以降の簿記検定試験出題区分表の改定等について(検定ホームページ)
http://www.kentei.ne.jp/7293

過去の改定

> 平成28年4月1日施行
> 平成25年4月1日施行
> 平成24年4月1日施行
> 平成23年4月1日施行
> 平成22年4月1日施行
> 平成21年4月1日施行
> 平成19年4月1日施行
> 昭和58年2月22日改訂
> 昭和34年9月1日制定