STANDARDのレベル

高校・大学・専門学校等でのプログラミング学習の習得度を問う
(教育機関での学習内容を反映)
企業においてIT化を先導できる、プログラミングに関する基本知識・スキルを習得している

試験情報

受験資格

なし

試験方法

インターネットを介して試験の実施、採点、合否判定を行うネット試験

試験詳細

STANDARDは、広く普及し学習者も多いJava 、C言語、VBAの3つの言語によりそれぞれ試験実施(今後、AI開発で用いられるPythonを加える予定)

出題形式
(試験時間)
合格基準 言語 試験範囲・学習項目
択一知識問題
(30分)

プログラミング
実技(30分)
知識科目
70点以上

実技科目
3問完答
Java 1. 値とリテラル
2. 変数とデータ型
3. 分岐と選択
4. 繰り返し
5. 配列
6. 参照型
C言語 1. 値とリテラル
2. 変数とデータ型
3. 分岐と選択
4. 繰り返し
5. プリプロセッサ
6. 配列
7. ポインタ
VBA 1. 値とリテラル
2. 変数とデータ型
3. 分岐と選択
4. 繰り返し
5. 配列
6. シート
7. 簡単なExcel関数

STANDARDサンプル問題

画面はサンプル問題です。本試験問題ではございません。

■STANDARD(知識科目)

pg_sample_standard1

■STANDARD(実技科目)

pg_sample_standard2

受験方法

日商プログラミング検定は、いつでも受験できるネット試験です。
試験日等については、各試験会場が決定いたしますので、詳細はご受験予定の試験会場までお問い合わせのうえ、お申し込みください。

受験申込は、お近くのネット試験会場にお問い合わせのうえ、試験開催予定の会場でお申し込みください。

お近くのネット試験会場が見つからない場合は、紹介フォームをご利用ください。
※受験を希望する地域に会場がない場合には、ご希望の地域外となることがあります。
※試験会場に試験実施日時を確認する都合上、二週間程度のお時間をいただきます。

日商プログラミング検定の試験会場を希望する企業、教育機関等の方へ