決算書は日常のビジネスの積み重ね

hirabayashi_top

努力は必ず報われる

-父上に勧められて簿記を勉強したそうですね。

私が大学生の頃は就職が厳しい時期で、入学式翌日の新入生ガイダンスで「卒業後の就職先はないものと思ってください。」という話があったほどです。そこで、「資格でも取ろうかな。」と家族に相談したところ、銀行員だった父から「公認会計士試験なら受かるかも」「受からなくても簿記の資格は取れるだろう」と言われ、入学翌月から資格学校に通いました。父には、「簿記や会計はトレーニングの積み重ねが重要」とも言われました。

私が簿記を教えた人の中には、初めは3級の問題もまったく解けなかったのに、勉強を続けて1級に受かった人がいます。努力を積み重ねれば身につくのが、簿記の大きな特徴だと思います。

社員の意識が変わる

-規模の大小を問わず、企業に簿記の重要性を説いているのはなぜですか。

経営者の場合、簿記を勉強すると取引先や銀行、税理士と話をする際の「勘所」がわかる、というのが一つの理由です。車の構造を知らなくても運転はできるように、簿記を知らなくても決算書は読めます。でも、私は、会計に真剣に取り組む経営者には、簿記を勉強することをお勧めしています。
自社の決算書に関しても、売掛金の金額を見た時に、自社の状況から考えて「過大ではないか」と感じたら、架空売り上げが計上されているかもしれません。簿記を勉強していれば、そのことに気付くことができます。

もう一つの理由は、簿記を学ぶと数字に対する意識が変わるからです。「簿記が日々の取引と決算書の橋渡しをする」と言ってもいいかもしれません。hirabayashi_inside
経営者であれ社員であれ、多くの方にとって、日々の取引と決算書はうまく結びついていません。そこで、私が研修の講師を務める時には、できるだけ現実味のある状況を設定するようにしています。参加者に「工場にはどのような機械がありますか?」「経費にはどのようなものがありますか?」などと聞きながら進めます。すると、受講生は「○○の機械が3台ある」「人件費、原材料費、交通費・・・」などと発言していくうちに、「うちの会社のROA(総利益資産率)を改善するには、あの資産は不要だ」などと考えるようになり、意識の変化が見えてくるのです。

簿記の知識を活かすなら今がチャンス

経営者であれば、決算書を見て、売り上げや利益をあと○○円大きくしたかった、と思うことがあるでしょう。もちろん、後から数字を変えることはできません。では、どうすればいいか? というと、決算書は毎日のビジネスの積み重ねであることを意識し、個々の取引や、その基盤となる契約を見直すことが大事です。

例えば、お客様に対して何かサービスを提供する場合、提供する期間や内容は同じでも、年間契約なのか、案件ごとに代金をいただくのかによって、売上を計上する時期などが異なります。その結果、決算の数字が違ってくる可能性があるのです。簿記を学べば、こうした発想が浮かんできて、サービスの提供方法そのものを見直すきっかけにもなります。減価償却にしても、社長が簿記をご存知であれば、決算書上で資産の金額がだんだん小さくなっていくことをご理解いただけますが、簿記をご存知ない方に説明するのは難しいですね。

ところで、簿記を勉強していると、今は就職に有利だと思います。中小企業や会計事務所で経理関係の人材ニーズが高まっていて、あちらこちらから「平林さん、簿記ができる人、誰かいない?」とよく聞かれます。
これから日商簿記を勉強する方には、株式会社のことがよくわかる、2級までチャレンジすることをお勧めします。2級を勉強すれば、会社設立後に資本金を増やす増資など、会社の会計に関することまで一通り出てくるので、仕事に対する意識が変わってきます。

気軽に専門家に相談を

-公認会計士をはじめ、企業経営に関わる専門家のネットワークづくりに力を入れていますね。

専門家に相談するのは敷居が高いと感じている方もいらっしゃいますが、決してそんなことはありません。特に、女性の専門家は相談しやすい、と言っていただくことがよくあります。実際、相談していただければ、すぐに解決することも多いので、専門家を気軽に利用していただきたいですね。

Profile

平林 亮子Hirabayashi Ryoko
1975年、千葉県生まれ。1998年、お茶の水女子大学文教育学部地理学科卒。大学3年次に公認会計士試験に合格。太田昭和監査法人(現新日本有限責任監査法人)を経て、2000年、平林公認会計士事務所開設。2007年、女性士業プロジェクトSophia Netプロデュース。2010年、中小ベンチャー企業をサポートする公認会計士集団アールパートナーズ結成。