簿記がわかれば経済がわかる

03_interview_main

簿記は経済活動を理解するための言語

-以前から、「簿記は重要」だとおっしゃっています。

人間は、社会の中で生きていますから、お互いが意思疎通するためには言語が必要です。簿記も経済活動を理解するための言語です。日本語や英語と違って、一つ一つの数字自体に意味があるわけではありませんが、例えば、後払いで販売した売掛金の金額や、借り入れた債務の金額は、その会社の財務の状態を表します。簿記は英語よりも世界中で広く使われている共通の言語であり、これからのグローバルな社会で生きていくためにも欠かせないのですが、簿記に馴染みのない方が多いですね。中学や高校で全員が学ぶべきだと思います。

今は世の中がどんどん複雑になっています。ビジネスの舞台が国内から海外に広がり、商取引が複雑になっています。会計の制度が変わる場合もあります。このように複雑な環境に対応するために、一番大切なことは知識ではなく基礎を身に付けていることです。経済では「基礎」である簿記が重要になります。

人類にとって重要な発明

-簿記は会社で経理を担当する人が勉強すれば良い、という意見があります。

03_interview_photo_02私も若い頃に日商簿記3級の試験を受けて合格しました。その時の強烈な印象は今でも忘れません。「簿記という体系を考えた人は、本当にすごい」と思いました。複式簿記は、人類にとって非常に重要な発明だと思います。
アメリカのビジネススクールでも簿記は必須科目です。というのも、最初に国民経済計算(SNA)(※)について学ぶのですが、この統計が簿記の合計から成り立っているからです。経済学者である私自身、日本の国内総生産(GDP)の話をする時などに、簿記の知識が非常に役に立っています。
(※一国の経済を世界共通の基準で記録する経済統計の枠組み。GDPもこの枠組みの一部)
簿記を必要とするのは、経済を勉強する人や、会社で経理を担当する人ばかりではありません。日々の生計を立てていくためには、収入と支出による収支と、手持ちの現金や預金などの資産の増減、つまり簿記を考える必要がありますよね。年金のことや金融商品のことを考えたり、専門家からアドバイスを受けるためにも、簿記の知識が役に立ちます。

簿記3級は勉強しておくべき

-簿記を勉強中の方や、これから勉強する方にメッセージをお願いします。

日商簿記検定はよくできた仕組みだと思います。何も知らなかった人が、きちんと勉強すれば合格という目標に到達し、3級の勉強をすることで経済の基礎がわかるのですから。試験を受けずに学ぶだけでも意味はありますが、資格を持っていれば「自分には基礎がある」という安心感が生まれ、「いざというとき」に強みを発揮します。「勉強はしたくない」と思っている方も、簿記3級だけは取ることを強くお勧めします。皆さん頑張ってください。

Profile

03_interview_photo_02竹中 平蔵 Heizo Takenaka
1951年生まれ。博士(経済学)。一橋大学卒業。ハーバード大学客員准教授、慶応大学総合政策学部教授などを経て01年、小泉内閣の経済財政政策担当大臣。金融担当大臣、総務大臣などを歴任。現在、慶応大学総合政策学部教授。アカデミーヒルズ理事長、(株)パソナグループ取締役会長などを兼職。