• Q1.デジタル合格証を紛失した場合はどうすればよいですか。

    A.合格者のデジタル合格証は、日商の受験者データサーバで管理しているため、合格者は、試験終了後に発行された二次元コードからいつでもデジタル合格証を表示させることができます。

    Q2.デジタル合格証の取得方法を教えてください。

    A.デジタル合格証は、商工会議所のネット検定試験を受験した際に発行されるもので、氏名や得点などが書かれた「試験結果(スコアレポート)(※)」に表示された二次元コードをスマートフォン等で読み込むことにより、取得することができます。
    ※当日の試験終了後に試験会場で確認できます。

    Q3.デジタル合格証が発行される検定試験を教えてください。

    A.以下一覧をご確認ください。
    1.デジタル合格証が発行される検定試験
    (1)日商簿記検定2級・3級(ネット試験)
    (2)簿記初級(2021年4月以降に対応)
    (3)原価計算初級(2021年4月以降に対応)
    (4)電子会計実務(2021年4月以降に対応)
    (5)日商PC検定(2021年4月以降に対応)
    (6)プログラミング検定(2021年4月以降に対応)
    (7)日商ビジネス英語検定(2021年4月以降に対応)
    (8)キータッチ2000テスト(2021年4月以降に対応)
    (9)ビジネスキーボード(2021年4月以降に対応)
    2.紙やカードが発行される検定試験
    (1)簿記検定1級~3級(統一試験)合格証
    (2)珠算能力(そろばん)検定合格証
    (3)販売士検定認定証(カード)
    (4)DCプランナー認定証(カード)
    (5)日商マスター認定証(カード)
    (6)日商プロフェッショナル認定証(カード)

    Q4.デジタル合格証と紙媒体の合格証との違いは何ですか。

    A.商工会議所が検定試験に合格したことを証するものとして、デジタル合格証と紙媒体の合格証に違いはありません。

    Q5.勤務先や学校からデジタル合格証明の提出を求められた場合はどのように対応したらよいですか。

    A.デジタル合格証を読み込んだスマートフォンの画面などを勤務先などの提出先にお見せください。当該合格証はPDFデータでの保管もできますので、紙媒体で提出を求められた場合は、読み込んだPDFデータをPCなどにダウンロードしプリンターなどで紙に出力してご提出ください。

    Q6.デジタル合格証を表示させるための二次元コードに有効期限はありますか。また、二次元コードは複数の機器で読み込むことはできますか。

    A.スコアレポートに表示された二次元コードに有効期限はありません。PCやスマートフォンを買い替えた場合でも、新しい機器で読み込んでいただくことができます。また、2次元コードを複数の媒体で読み取り、保存することもできます。
    なお、デジタル合格証にも有効期限はありません。

    Q7.試験結果(スコアレポート)の再発行はできますか。

    A.原則として、試験結果(スコアレポート)の再発行はしておりません。
    なお、簿記2級・3級ネット試験をCBTソリューションズのテストセンターで受験した場合、デジタル合格証はご登録いただいたMyページからご確認いただくことができます。確認方法は以下をご参照ください。
    (1)マイページログイン後、「CBT申込」をクリック
    (2)「申込・受験履歴」のタブを選択後、「結果表示」をクリック
    (3)簿記3級の受験結果表示後、「合格証書」をクリック
    (4)デジタル合格証が表示
    ※二次元コードは表示されたデジタル合格証の右上「二次元コード」をクリックすると、デジタル合格証の下に表示されます。
    ※株式会社CBT-Solutionsの申込専用ページはこちら

    Q8.試験結果(スコアレポート)に表示されている二次元コードが読み込めません。

    A.二次元コードを読み込んだ場所のネット環境等により上手く読み込めないケースがあります。何度か試して読み込めない場合は、場所を変えて(Wi-Fi等のネット環境を変えて)再度お試しください。

    簿記2級・3級ネット試験をCBTソリューションズのテストセンターで受験した場合は、登録いただいたMyページからデータを読み込んでください。

    Q9.デジタル合格証の発行を受けた受験者は、各地商工会議所で発行している紙媒体の「合格証明書」を発行してもらうことはできますか。

    A.各地商工会議所で発行する紙媒体の「合格証明書」は継続して発行します。
    ご都合により、従来の合格証明書が必要の場合は、各地商工会議所までお問い合わせください(合格証明書の発行には、別途発行手数料が発生いたしますので、お含みおきください)。