各級のレベル

1級 企業実務に必要とされる実践的なIT・ネットワークの知識、スキルを有し、ネット社会のビジネススタイルを踏まえ、企業責任者(企業責任者を補佐する者)として、経営判断や意思決定を行う(助言する)過程で利活用することができる。
2級 企業実務に必要とされる実践的なIT・ネットワークの知識、スキルを有し、部門責任者(部門責任者を補佐する者)として、業務の効率・円滑化、業績向上を図るうえで利活用することができる。。
3級 企業実務に必要とされる基本的なIT・ネットワークの知識、スキルを有し、自己の業務に利活用することができる。
ベーシック 基本的なワープロソフトや表計算ソフトの操作スキルを有し、企業実務に対応することができる。

試験内容

企業実務における文書作成や表計算などのアプリケーションソフトの利活用能力を問うとともに、以下のとおりネットワーク環境下におけるITの利活用に資する知識・スキルを問う内容となっています。

1. 企業実務に必要とされるハード、ソフト等IT関連の知識を問う。
2. 企業実務におけるパソコン等IT機器、ネットワークの利活用について問う。
3. ネット社会における新たなビジネススタイル、ビジネススキルを問う。
4. ビジネス文書や業務データについて、その作成のみならず、保存、管理、検索、活用、流通、再利用などライフサイクル全般について問う。
5. ITを利活用した実践的なコミュニケーション能力を問う。
6. ネットワーク上での、ビジネス文書、業務データの取り扱いについて問う。

受験資格

特にありません。どなたでも受験可能です。

申し込み方法

受験申込は、お近くのネット試験会場にお問い合わせのうえ、試験開催予定の会場でお申し込みください。また、お近くで受験できる試験会場があるかどうか 当所にてお調べし、紹介させていただくことも可能です。