試験方法と技能の評価

試験は、パソコンを使用して自動的に実施されます。

ディスプレイに出題された問題に対し、制限時間内に問題と同じ文字や文章をキーボードで入力していきます。試験が終了すると自動的に採点が行われ、その場で結果が表示されます。

 

採点は行単位に行われ、行内の文字数を加算していきますが、行内で一文字(スペースも含む)でも誤りがあった場合は、その行の入力文字数は0としてカウントされます。

各科目ごとの入力文字数により技能認定を行うとともに、入力文字数に基づき、以下の表の通り S, A, B, C, D の5段階で評価します。(後日、受験者全員に「技能認定証明書(カード)」が交付されます)。

ビジネス実務で求められる技能は、C評価以上が目安となります。

試験科目 技能認定基準
S A B C D
日本語 900字 800〜899字 600〜799字 400〜599字 0〜399字
英語 3,000字 2,500〜2,999字 2,000〜2,499字 1,500〜1,999字 0〜1,499字
数値 1,200字 1,000〜1,199字 800〜999字 600〜799字 0〜599字

なお、日本語、英語、数値の3科目全てについて、試験時間内に誤りなくすべての文字の入力を完了した者(S評価取得者)には、申請に基づき「ビジネスキーボードマスター認定証」が交付されます。

試験時間

25分間
ただし、受験上の注意や施行順序の説明、練習時間(5分間)等を含め、全体で50分程度かかります。

申込方法

受験申込は、お近くのネット試験会場にお問い合わせのうえ、試験開催予定の会場でお申し込みください。

お近くのネット試験会場が見つからない場合は、紹介フォームをご利用ください。
※受験を希望する地域に会場がない場合には、ご希望の地域外となることがあります。
※試験会場に試験実施日時を確認する都合上、二週間程度のお時間をいただきます。