トップ> 404 Not Found

お探しのページは見つかりませんでした。

>日本商工会議所の検定試験トップページへ

検定試験一覧

簿記は、企業の経営活動を記録・計算・整理して、経営成績と財政状態を明らかにする技能です。企業の活動を適切、かつ正確に情報公開するとともに、経営管理能力を身につけるために、簿記は必須の知識です。
販売・接客技術はもちろん、販売促進に向けた企画立案や在庫管理、マーケティングまで、幅広く実践的な専門知識が身につきます。流通・小売業をはじめ、業種・業態を問わず、顧客満足度を高めるノウハウを修得できます。
昨今の企業実務では、パソコンソフトの効率的・効果的な活用が重要になってきています。
電子メールをはじめとするビジネス文書を通じて英語によるコミュニケーション能力を判定します。
計算力・暗算力はもとより記憶力や集中力・思考力も養われ学力全体の向上も期待できます。
簿記の理論・知識をもとに、会計ソフトを経営に役立てられる人材の育成が急務となっています。
“年金・退職金と投資教育のエキスパート”、それがDCプランナー(企業年金総合プランナー)です。
キーボードを見ないで入力できる正確で速いタッチタイピングは、ビジネス実務における必須技能です。
ビジネス実務で要求される速くて正確なキーボードの操作技能を証明する試験です。
ネットワーク社会でのビジネスに必要な幅広い知識と実践的なスキルが求められています。
本格的なネットワーク社会への参加の前にビジネス上で必要な電子メールの知識や技能を身につけましょう。
実践的なIT利用能力や、中小企業のIT経営の支援に対応できる指導者が「日商マスター」です。