日商ビジネス英語検定3級のレベル

就職前に身につけるべき英語によるビジネスコミュニケーションの基礎的な能力を有する。
英語でのビジネス文書作成や海外取引を行ううえで、最低限覚えておいた方がよい内容を出題する。
公式テキストの記載内容を中心に出題する。

試験情報

出題形式 合格基準 特徴
択一式・記述式
30分
70点以上 4つのコミュニケーション能力(Speaking,Listening,Reading,Writing)のうち、特にWrithing(英語の文書により、いかに的確に用件を伝えることができるか)を重視する
ビジネスで役立つ実務的な内容とし、企業で日常的に使用する英語のビジネス文書(計画書や企画書、報告書、履歴書、電子メールなど)の作成、および貿易のみならず英語により海外取引全般に関する内容とする
ビジネスの具体的な場面を設定した内容を中心とする

出題範囲はこちら
サンプル問題はこちら

試験方法・合否判定

試験会場のパソコン等を利用して、試験の自動実行プログラムおよび試験問題を、インターネットを介しダウンロードして実施します。試験終了後、受験者の答案(データ)がインターネットを介して採点され、即時に合否判定を行い、結果をご通知します。

試験会場

商工会議所の認定した「商工会議所ネット試験施行機関」(各地商工会議所および各地商工会議所が認定した大学、専門学校、パソコンスクール等の教育機関、企業)が試験会場になります。

申し込み方法

受験申込は、お近くのネット試験会場にお問い合わせのうえ、試験開催予定の会場でお申し込みください。

お近くのネット試験会場が見つからない場合は、紹介フォームをご利用ください。
※受験を希望する地域に会場がない場合には、ご希望の地域外となることがあります。
※試験会場に試験実施日時を確認する都合上、一週間程度のお時間をいただきます。

受験に際しての諸注意事項

試験時間中は、辞書・辞典等およびこれらに類するものや、筆記用具等の使用は認めません。