手形

手形には、約束手形と為替手形がありますが、一般に用いられているのは約束手形で、為替手形はあまり流通していません。そのため、2級(および3級)においては、手形の取引は約束手形のみとなり、為替手形の取引は出題されません。また、手形を裏書譲渡したり割り引いた際の備忘記録として、対照勘定法と評価勘定法がこれまで出題されたこともありましたが、今回の改定にあわせてすべての級において範囲から削除されました。