このページでは、電子会計実務検定試験の初級模擬試験問題をご提供しております。本試験は、この模擬試験問題の形式で出題されます。公式ガイドブックのCD-ROMに添付されている「試験データ」をお使いいただければ、実際に模擬試験問題を体験していただくことができますので、ご活用ください。

模擬試験問題のご利用にあたりましては、下記ご利用方法をご覧ください。

電子会計実務検定試験につきましては、簿記の理論・知識を前提とした検定試験であることから、本模擬試験問題を活用するなど、会計ソフトへの入力に関しては十分にトレーニングを積んでご受験されますようお願いいたします。

ご利用方法

1. 会計ソフト(公式ガイドブックに体験版ソフトが収録されています)を起動し、公式ガイドブックのCD-ROMに収録されている「試験データ」(4月の取引データ)を復元して(読み込んで)ください。

2. 以下の模擬試験問題を起動し、問題にチャレンジしてください。本試験の制限時間は40分です。

3. この問題の標準的な表示方法は、画面の左側(1/3程度)にこの問題を、画面の右側(2/3程度)に会計ソフトを表示させる方法です。

4. 本模擬試験問題の解答・解説は、公式ガイドブックに掲載しております。なお、公式ガイドブックの実技問題は、択一式になっておりますが、本試験では、模擬試験問題のとおり数字記入式での出題となります。

※サンプル問題の著作権は、日本商工会議所に帰属します。本ページに掲載したサンプル問題の無断転載、無断営利利用は厳禁します。また、ダウンロード方法も含め、内容、解答その他一切のお問い合わせは、受け付けておりません。

模擬試験問題はこちら