平成27年度からリテールマーケティング(販売士)検定試験3級の制度内容を一部改定しています

 

全国各地の商工会議所で第76回リテールマーケティング(販売士)検定試験3級の受験申込を受け付けております。申込受付日程、申込方法(窓口・インターネット・郵送)等は商工会議所毎に異なりますので、詳細はご受験を希望される商工会議所まで、お問い合わせください。

  • お近くの商工会議所連絡先、申込受付日程、申込方法等を検索できます

商工会議所検索サービス

  • お近くの商工会議所連絡先や検定概要について、オペレータがご案内します。

検定情報ダイヤル 03-5777-8600
(受付時間8:00~22:00 年中無休)

 

また、今回の試験から試験時間や問題数等を改定しております。お申込みにあたり、再度ご確認ください。

1.試験時間・試験問題数・試験開始時刻の変更について

3級の試験時間・試験問題数が以下のとおり変更となっています。

試験時間 試験問題数 試験開始時刻(※)
 100分
(5科目)
1科目当たり7題 9時30分(変更なし)

(※)9時30分から受験上の注意事項等の説明を開始し、説明終了後に試験を開始します。
(注)出題の程度に変更はありません。

2.配点の変更について

試験問題数が削減されることに伴い、配点を以下のとおり変更します。

なお、得点は1科目につき100点満点とし、合格基準も平均70点以上、1科目ごとの得点が50点以上で、これまでどおりで変更ありません。

配 点
1科目当たり7題
【内訳】
客観式問題 3点×5問×6題
客観式問題 2点×5問×1題

 

3.試験の免除科目の一部変更について

公益財団法人全国商業高等学校協会(全商協会)主催の「商業経済検定試験」の所定の科目に合格した方は、直後2回のリテールマーケティング(販売士)3級検定試験において、筆記試験の一部の科目が免除されますが、平成26年度から「商業経済検定試験」の学習指導要領が変更になったことに伴い、平成27年度施行のリテールマーケティング(販売士)3級検定試験の免除科目の一部を下記のとおり変更いたします。

○全商協会主催による「商業経済検定試験」に合格した方は、下表のとおり筆記試験の一部の科目が免除

パターン 全商協会商業経済検定 合格科目※平成27年度試験適用 日商3級販売士 免除科目
パターン1 ・ビジネス基礎
・マーケティング
(2科目合格)※変更なし
・マーケティング
(1科目免除、試験時間は80分 ※20分×4科目)
パターン2 ・ビジネス基礎
・マーケティング
・商品と流通、国際ビジネス、経済活動と法、ビジネス経済Aの4科目のうちいずれか1科目
(3科目合格)
・マーケティング
・販売・経営管理
(2科目免除、試験時間は60分 ※20分×3科目)

4.模擬試験問題が日経MJに掲載されます

一般社団法人日本販売士協会が、リテールマーケティング(販売士)3級検定試験模擬問題を6月17日付の日経MJ(日経流通新聞)に掲載する予定です。7月11日(土)の76回3級試験を受験される方は、ぜひご確認ください。

※一般社団法人日本販売士協会についてはこちら