公益財団法人全国商業高等学校協会(全商協会)主催の「商業経済検定試験」の所定の科目に合格した方は、直後2回のリテールマーケティング(販売士)3級検定試験において、筆記試験の一部の科目が免除されますが、平成26年度から「商業経済検定試験」の学習指導要領が変更になったことに伴い、平成27年度施行のリテールマーケティング(販売士)3級検定試験の免除科目の一部を下記のとおり変更いたします。

○全商協会主催による「商業経済検定試験」に合格した方は、下表のとおり筆記試験の一部の科目が免除されます。

パターン 全商協会商業経済検定 合格科目(変更前) 全商協会商業経済検定 合格科目(変更後)※平成27年度試験適用 日商3級販売士 免除科目
パターン1 ・ビジネス基礎
・マーケティング
(2科目合格)
・ビジネス基礎
・マーケティング
(2科目合格)※変更なし
・マーケティング
(1科目免除、試験時間は80分 ※20分×4科目)
パターン2 ・ビジネス基礎
・マーケティング
・商品と流通、国際ビジネス、経済活動と法の3科目のうちいずれか1科目
(3科目合格)
・ビジネス基礎
・マーケティング
・商品と流通、国際ビジネス、経済活動と法、ビジネス経済Aの4科目のうちいずれか1科目
(3科目合格)
・マーケティング
・販売・経営管理
(2科目免除、試験時間は60分 ※20分×3科目)

(注1)平成27年度に実施する第76回および第77回3級リテールマーケティング(販売士)検定試験において上記科目免除パターンを適用するためには、平成27年2月1日(日)実施の第29回商業経済検定試験において1科目以上合格科目があることが必須になります。

(注2)平成27年2月1日(日)実施の第29回商業経済検定試験において1科目以上合格科目があれば、それ以前の回の当該試験の合格科目と合わせて、上記科目免除パターンを適用することができます。