日本商工会議所は、12月11日(木)に、今年度2回目の「1級販売士資格更新講習会」を大阪商工会議所で開催した。

img_141219_1講習会では、税理士・中小企業診断士の中嶋 聡 氏から、「免税店制度活用による販売力強化」と題して、訪日外国人旅行者数の推移や、国籍別ニーズの分析、また、新しくなった免税店制度の内容の説明などについての講演が行われた。
続いて、株式会社 イズミヤ総研・顧問の清水 正博氏から、「小売業経営の課題と対策 ~永続的に栄えるために~」と題して、小売業経営を取り巻く環境変化における現状の説明や、脅威に対する対処方法、また永続的に栄えるためには何をすべきかなどについての講演が行われた。

販売士制度では、販売士の知識のブラッシュアップを図るため、5年ごとの資格の更新制度を設けており、資格の更新要件の1つとして講習会を開催している。