パワーポイント・デザインテンプレートの解除と新規作成


(「神奈川マスターズクラブ会報2003年5〜6月号」より)

 パワーポイントには、画面を引き立たせるために、デザインテンプレートがたくさん用意されています。PowerPoint2002では、標準デザイン(白紙)がありますが、PowerPoint2000にはないため、白紙に戻すことが厄介でした。PowerPoint2000では、どのようにしてデザインテンプレートを解除するか検討してみましょう。なお、PowerPoint2002では操作が若干違いますのでご注意ください。

 デザインテンプレートは、一度セットすると解除できません。このため、次の方法で処理していました。

1.次のようなデザインテンプレートをセットした後で非表示にすると、解除したと同じことになります。
例)Expedition.pot

他のデザインテンプレートに変更する場合は、書式メニュー → デザインテンプレートの適用で別のものを選択します。

  1. スライドのプレースホルダ以外の部分で右クリックして、[背景]をクリックします。
  2. [背景]ダイアログボックスが出ます。
    ▼をクリックして基本の8色を表示します。
    白色を選択します。

    基本8色はデザインテンプレートごとに違います。白色がない場合、白色があるデザインテンプレートに変更後、実行します。

    「マスタ上のグラフィックスを非表示にする」をオンにすると、デザインテンプレートを非表示にすることができます。

    [すべてに適用]で、作成済みの全てのスライドに適用できます。

2.解除できないのであれば白紙のデザインテンプレート作成・保存しておいて、それに変更すればよいわけです。PowerPoint2002は、最初から白紙を用意しています。

 メモ帳で作成します。

独自のデザインテンプレートを作成する

 用意されているデザインテンプレートは、1枚目のタイトルスライドと2枚目以降では、図柄が違うのが普通です。作成するにはちょっとしたコツが必要です。

 独自のデザインテンプレートの作成は、スライドマスタとタイトルマスタを使います。

 プレゼンテーションを新規作成して、背景やテキス トのサイズ、配置などを編集し、デザインテンプレートとして「Tenplates」フォルダに保存します。

2枚目以降のデザインを変更するには

 既にあるデザインテンプレートを設定して、そのデザインを変更して保存すると、独自のデザインテンプレートとして利用できます。

1.プレゼンテーションを新規作成し、タイトルスライドと箇条書きテキストの2枚を用意します。
2.デザインテンプレートをセットします。
  • シンプルなデザインを選択します。
3.スライドマスタで2枚目を編集し、タイトルマスタで、1枚目を編集します。
  • 画像は、自由に削除、挿入ができます。
  • 書体やサイズなどを編集します。
4.デザインテンプレートとして保存します。
  • 保存ダイアログボックスで、ファイルの種類を[デザインテンプレート」とすると、拡張子が「pot」になります。
  • 保存フォルダ名は「Tenplates」になります。
     C:\Windows\Application Data\Microsoft\Tenplates
    「白紙.pot」などと同じ場所です。
5.プレゼンテーションの[デザインテンプレートの適用]の一覧に追加表示されます。
6.独自デザインテンプレートの例
1枚目
タイトルスライド
人物などの画像は、通常の画面でも自由に追加表示ができます。
2枚目以降
「箇条書きテキスト」の例
7.デザインテンプレートは、音声やアニメーションに比べて固すぎます。「常に業務で使う」のであれば、何となくわびしいソフトになってしまいます。
  • ワードやエクセルのテキストをPowerPointで作成されている方がおられます。
  • 背景が内容より目立っても困りますが。

もっとパワーポイントを活用しようではありませんか。


2003.7.15掲載
qualiトップページ