1. HOME
  2. 計算力・思考力

基礎能力 計算力・思考力

計算力・思考力検定とは

 「読み・書き・そろばん(計算)」は、子供の頃に、しっかりと身につけるべき基礎学力です。しかしながら、分数や小数の計算ができないなど、子供や大学生、若い社会人などの学力低下が懸念されています。また、最近の各種国際調査では、こうしたことを裏付けるかのように、小中学生の学力の低下を指摘する結果も報告されています。

 このような状況のもと、この試験は、次代を担う子供たちの基礎学力の育成のみならず、社会人として必要な職業能力の1つとしての計算力や計数感覚、論理的思考力の向上を目的として施行しています。

 試験のレベル(級)は、10級(小学校1年修了程度)から1級(高校1年修了程度以上)の13段階(準1級、準2級、準3級を含む)あり、おおよそ学年に対応していますが、現行の学習指導要領の学習の範囲を超える問題(学習する学年が移行したものや削除されたもの)も出題しています。

  • 各地商工会議所 申込受付日程検索
  • 検定試験について分からないことがあったら検定試験Q&A
  • 商工会議所ネット試験施工会場検索
  • 施行機関の募集
  • 商工会議所eラーニング
  • 販売士検定試験ハンドブック発売中
  • 3級簿記テキスト(5冊セット)発売中